2017年06月07日

退歐談判前進一小步 然而後續談判困難重重



  FX168財經報社(香港)訊周一(6月26日),英國首相特雷莎梅公布了保護在英歐盟公民權利的細節。她表示,英國政府將努力向歐盟公民提供與英國公民一樣的福利倫敦銀

  保障退歐後在英歐盟公民權利,是英國和歐盟其他國家的一致願望,也是相對容易達成協議的談判切入點。

  (英國首相特蕾莎梅,來源:FX168財經網)

  但歐盟首席談判代表巴內爾(Michel Barnier)表示,英國需要提供“更多的關注、透明度以及保證”。“歐盟關於公民權利的目標:享有與歐盟法律同等的保護,”巴內爾在推特上說。

  對於那些擁有非歐盟配偶的歐盟公民來說,他們將麵臨哪些改變?一些議員要求英國方麵給出細化方案代辦加按。這也反映出,40多年的歐盟成員國身份,使英國的家庭構成變得錯綜複雜。

  英國脫歐大臣戴維斯(David Davis)在周末表示,英國將不會遵從歐洲法院的裁決,而歐盟表示,退歐談判中必須引入歐洲法院。雙方這一分歧,將是今夏談判的難點所在。

  梅在一場喧鬧的歐盟會議上表示:“我想要完全打消人們的顧慮,即根據我們的方案,目前在英國合法居留的歐盟公民,不會在英國離開歐盟時被要求離開。我們希望你們留下來,”同時,她還補充了上周五提案的細化方案。

  “我相信這是一個慷慨的提議。”

  在與北愛爾蘭民主統一黨(DUP)達成協議僅僅幾小時後,梅就公布了上述方案。在少數議會中贏得支持,使梅在未來兩年的退歐談判中,更有底氣去促使相關法律獲得通過,以便為退歐掃清障礙。

  然而,她的威望已經被削弱,她的脫歐策略在黨內和黨外都受到了公開挑戰。她原本希望通過大選鞏固在議會中的領先優勢,然而事與願違,反倒失去了多數席位。歐盟方麵則下定決心充分利用自己在談判中的優勢地位五金制品



原文地址:http://news.10jqka.com.cn/20170627/c598991709.shtml

posted by wenwenhg at 12:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

世間体もいいか

ええ、これはちょっとわかりづらいかも優纖美容好唔好しれなんですけど、わたしがやってたプランナーって言う仕事って、クリエイティブに行く手前までの方向性を決めるみたいなもので。
つまりその仕事のツメの部分には手をつけないと言うか、責任もないって言うか。
それでいろいろと考えてその時気づいたのは・・・本当はもっと自分、その先のクリエイティブなところにまで深く踏み込んで行きたかったんじゃないのかなって。
自分でもそのことにはなんとなく気づきながらも、でもやっぱり自分にはその才能もないしって無理矢理あきらめていたところもあって。
その肝心な部分は他人まかせでひとり全部やったみたいな気分になって、それで満足しようとしていた・・・、みたいな。
それにわたしはやっぱ頭でっかちなところもあったから、勝手にクリエイターはリスキーな仕事だってずっとそう思ってたこともあったし。
ってまあ、それは今も思ってますけどね。
それにもちろん広告のクリエイターになるにはそれなりの経験と実績も必要だし、そんなに簡単じゃないってことだって自分なりにわかってはいたし。

っでまあ、とにかくその彼のひと言からわたしがその後自分の中で見えてきたひとつの結論みたいなものがあって、それは・・・」
「それは?」

ええ、そHKUE 傳銷れは『ひとりのクリエイターとして、自分を自分なりに納得のいく形で試してみたい』ってこと」
そしてその瞬間、(確かにわたしは少しだけ酔っていたが)自分の中でひとつだけこれだけは間違いないと確信出来る感情が芽生えるのを感じていた。

わたしはショウジのことを・・・全くもって愛していない。
おそらく今までに1度だって心からそう感じたことはなかった。
身近にいてなんとなく見た目がタイプで、世間体もいいからとなんとなく結婚までしてしまったのだけれど・・・。
わたしはそれまで他のオトコを知らなかったため、きっとそんな感情に気づくチャンスもなかったのだろう。
でも今はわかる、確信できる・・・、この人じゃないと。
それだけはまちがいない。

そしてわたしは更にその時気づいてしまった。
それは何か啓示のようなメッセージの形でわたしのハートのあたりの中なる声として語りかけられたような気Pretty Renew 旺角 もした。

わたしは今、全身全霊を込めてこの目の前にいるハマグチを愛している・・・と。
愛している・・・、ハマグチのことを。
愛している・・・、この目の前のオトコを。
愛している・・・、愛している?
posted by wenwenhg at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

間浸かるのはとて

ふたつある風呂は見たところ男湯、女湯の表示はなく、どちらでも勝手に(貸し切りなわけで)どうぞ?なんてことらしい。
まあ、とは言えとりあえず今日のところは遠慮して???、とわたしは中で湯を浴びる音のしない右側の風呂場へと向かった。
と言うのもこのところユナとは彼氏、彼女のようにべったりと夜を共にしておきながら、わたしは未だ彼女の身体に指一本すら触れていない(いや、指数本???と唇は触れたような気もするが)。
3度に渡る茶番のようなフェチプレイで毎回わたしひとりがピエロのごとく一瞬野獣化するものの、その後あっさりと彼女にあしらわれ、そんなおあずけ状態が継続されている。
(それでもまあ、とりあえず初回のみ一度は自爆させていただいたが)

思春期の青年でもないわたしは、あのユナの謎のフェチ攻撃以外の場面では彼女に対し特にこれと言って肉欲をもよおすこともなく???、と言うかあの一連のフェチ攻撃に関しては明らかに彼女によって仕組まれた?と言えるようなものなわけで、その目的すらよくわからない上、その時点でわたしの身体に生じる生態化学反応こそがわたしにとっては謎そのものと言うか?何故かあの一連のプレイ中、わたしの自我は完全に崩壊していたのだった。

檜作りのやや小ぶりな風呂の湯は、長時間浸かるのはとても無理なぐらいの高温で、わたしは思わず水道の蛇口をじゃばじゃばと全開にし、その温度をゆったり中でくつろげるぐらいにまでさました。
(後から草津観光に関するガイドブックで見たところによると、どうやら草津の湯と言うのは基本高温らしく、何度も回数を分けて我慢するようにして浸かるというのが薬用効果?みたいに考えられているとのこと。
それが本当に身体にいいのかは、自分的にどうも納得出来ないところもあったのだが)

湯加減がちょうどいい具合になった頃より、自分の呼吸がやっと自然にゆったりと深まっていくのがわかり、そのまま眠気にも似た酩酊状態へと心地よく陥っていくのを感じる。
湯をかき回す音だけが時間差で折り重なる倍音となって風呂場中に響き渡り、その音がたまにスーッと消えると澄み渡るような沈黙がそこにあった。
気づけばさっきまでとなりの方からも聴こえていた湯の音がすでに途絶えている。

ユナのヤツ、もうそろそろ出た頃かな?
そうふと思った瞬間だった???、ガラリと風呂場と脱衣所の間の扉が開かれ、そこには湯煙を通し全身を白い光のオーラに包まれ、スリムになったヴィーナスの誕生を思わせるユナの裸体があった。
posted by wenwenhg at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする